自分で行えるわきが対策

わきがは遺伝だから仕方がないと諦めることはありません。
手術を行わなくても、自分でできる対策をとるだけでも、臭いは抑えることができます。
まず、わきがの原因は汗だと思われがちですが、汗自体に臭いはなく、細菌が汗や分泌液を分解することで、独特の臭いを発生します。
ですから、分解される前い汗を拭き取ることで、臭いを軽減することが可能です。
汗が出たと思ったら、ウェットティッシュで拭き取り、乾いたタオルで更に拭くようにすると効果的です。
清潔にすることが第一なので、お風呂には毎日入りましょう。
運動するなど汗をかくことが分かっている場合は、あらかじめ着替えを用意します。
下着はコットンのものが汗をよく吸ってくれます。
また、市販のデオドラントも汗を抑える効果があるので、意識的に使いましょう。
臭いをカバーするつもりで香水を使うと、かえって気になってしまうので、臭いを足すより、無臭になる方法にした方がいいでしょう。

わきがが気になる人の自分で出来る対策法

わきがとは、脇のあるアポクリン腺から分泌される汗が原因によって引き起こされる、強い匂いにまつわる体質を言います。
厳密には病気ではありませんが、強い匂いが他者へ度々不快感を与えることがあったり、その匂いに対しての過度に意識してしまい、結果として精神的に不安定に陥ることもあるため、軽視出来ません。
元々アポクリン腺から分泌された汗には匂いは無いと言われていますが、皮膚上に分泌されると、皮脂と混ざり、更にそれが雑菌や細菌類に分解されると独特な強い匂いが発されるようになります。
そのため、自分で出来る対策としては脇を清潔に保つと言うことが基本になります。
また、腋毛は細菌や雑菌が繁殖しやすいので剃ってしまうことも匂いの対策に繋がります。
また、汗をかいたらこまめにアルコールで吹き取ることによって、細菌や雑菌類の消毒にもなります。
現在は殺菌作用と制汗作用が含む制汗剤が薬局で購入することも出来ますので、気になる場合には使用してみるのも一つの手段になります。

pickup



最終更新日:2019/3/19