若年層に適したわきが治療のメリットと注意点について

わきがは通常の汗臭さとは異なり、脇の下にある汗腺の一種のアポクリン腺から排出される分泌液が皮膚や体毛に付着している細菌に分解されることで発生する臭気です。
特有の臭気と衣類に黄褐色の染みを形成するのが大きな特徴で、特に新陳代謝が活発な若年層に多く発生する傾向があります。
わきがは他者に不快感を与えることがあるため、症状を解消させるために医療機関で適切な処置を受けるのが一般的な対処法になります。
かつてはわきが治療はアポクリン腺を取り除く外科手術が一般的でしたが、手術は体への負担が大きく傷跡も残ってしまう問題がありました。
そのため、現在では薬剤の注入でアポクリン腺の働きを弱らせる治療法が主流になっています。
傷跡が残らず体への負担も少ない利点がある一方で、アポクリン腺が再生する度に薬剤を投与する必要があるため費用が嵩みやすい問題もあります。
症状が軽度な場合は脇の周囲の衛生管理に気を配り、体毛を除去すること臭気を改善させることが可能なので治療費の捻出が難しい若年層に適しています。

わきがの症状と治療を受ける際の注意点について

わきがは汗腺の一種であるアポクリン腺から分泌された液体が雑菌に分解される際に発生する特有の悪臭です。
通常の汗臭さとは異なる他、分泌液は衣類の生地に黄色い染みを作る特徴があります。
分泌液は体調の変化によっては大量に発生することがあるため、外科手術でアポクリン腺を除去する治療を受けるケースもあります。
アポクリン腺の除去はわきがの発生源を取り除くことによって悪臭を発生させない利点がある一方で、大きな傷跡が残ってしまう欠点があります。
また、外科手術は体への負担が大きいうえに僅かでもアポクリン腺が残っていると組織が再生してしまうことから慎重に判断する必要があります。
近年では傷跡が残らず、体への負担が少ない理由で薬剤を誅求する治療法が主流になっていますが、定期的に注入を繰り返す必要があるため費用が嵩みやすい傾向があります。
そのため、自分自身の体調や用意できる予算を考慮して適切な方法を選択するように心がけます。

check

2018/12/19 更新